夜強い人は、独身率が高い!?夜型人間の傾向!



昨今、朝型生活のメリットが注目されています。
朝型生活のメリットや効能は、昔から言われています。
朝方に変えた途端、メリットを実感している人も多いようです。
ビジネスの世界でも、朝型が注目されています。夜型人間は、午前中の体温が低く調子があがらない。

夜型人間は起床時の体温が低く、昼近くになってようやくエンジンがかかります。
夜型人間の午前中の計算速度は最低レベルで、手の器用さもほぼ夕方までは朝型にかなわない。

夜型の若者は、朝型の若者に比べて長期的に見ても成績が悪いようです。
また、
夜型人間は肥満になりやすい、つまり夜型生活の人は太りやすいです。

夜型の人は朝型の人に比べて”メタボリック・シンドロームになるリスクが高いようです。
その為、夜型生活の人は糖尿病になりやすいです。さらに、筋肉量が減少しやすいようです。
夜更かしをする人は、睡眠の質も悪く、喫煙や深夜の食事、体を動かさない生活習慣といった不健康な行動をとる傾向があるため、筋肉量が減少しやすいなどの健康被害を引き起こしやすいようです。
夜型の若者は、朝型の若者に比べて情緒的に安定しないようです。
さらに、夜型人間は朝型人間よりうつ病になりやすいようです。
夜型の人は「慢性時差ボケ(chronic jet lag)」と呼ばれる睡眠不足と日中の疲労感に悩まされる傾向にあり、
更に、アルコールとタバコの消費量が朝型や普通のリズムの人より多いようです。夜型の人の脳のうつ病と関連のある部位の健常性が、低下しているといいmさう。
また、なんと夜型人間は性格が悪いようです。夜型のタイプには性格が悪い人が多いようです。
動物として考えた場合、夜行性の動物ほど、夜のあいだに誰かのエサや繁殖のパートナーを横取りしたりすることが多いことと関連しているのではないかといわれます。
夜型の人のほうが朝型の人よりもズルをする傾向が高いようです。
また、夜型人間はナルシストでサイコパス、反社会的な傾向があるようです。
夜型人間は「恋多き人」らしく恋愛において短期の関係を繰り返す傾向があるようです。
夜型は、「覚醒」「活力」「リスクを取る傾向」にかかわるホルモンであるコルチゾールの値が高く、リスクを取る傾向が高いようです。
そういうことで男女ともに夜型の人は朝型の人に比べて独身の割合が高いようです。
そして夜型の人たちよりも早起きを好む人たちの方が、幸せで健康的な生活を送っているようです。
若い年代の間でも年配者の間でも、朝型の人たちの方が、幸福満足度が高いようです。