食事中の汗!もしかするとあの病気!



食事中によく汗が出てしまう。話してる最中や食事中、時間や場所を問わず急に顔から出る汗、食事のたびに大汗かくということで、悩んでいる人が多いようです。

辛い食べ物や熱いもの、暑い季節に汗が出るのは普通です。
しかし、食事をする=汗をかく=恥ずかしい<もっと汗をかくというように外食の際に自分だけ大量に汗をかいて恥ずかしい思いをしたとか食事をする度に滝のような汗をかいてしまうことが続けば、やはり恥ずかしさで心が折れてしまうこともあります。

じつは、
汗が多く出るのは交感神経が活動しすぎるために起こります。
またもしかして
糖尿病の初期症状であることも食事中に顔や首などに汗をかくようです。糖尿病による神経障害で起こっている可能性もあります。

味覚刺激によって大量に汗をかく「味覚醒多汗症」と言う症状もあり多汗症と食事の内容との関連性は、一見なさそうに思えるのですが、かなり食生活の内容が、多汗症に大きく影響を及ぼしています。味覚神経への刺激が過度に働いてしまい、汗をかいていしまうようです。
味覚性多汗症とは局所多汗症の一種であり、食事で何らかの刺激物を食べた時などに非常に多くの発汗が起きる状態を指しています。胃腸が弱っていたりしますと、人によって汗として排出します。もし、首から汗をかきやすいなら、解毒をうまくできてない証拠です。頭からの汗は、胃腸系が弱っている証拠です。食事中、頭から汗をかいているシーンをときどき見ます。あれは、おなかが弱って冷えているので、からだの熱が頭に上がっているからです。

対処法は、
刺激の強いものは避けて自分の体重、体質チェックすることです食後のコーヒーを飲む方も多いと思いますが、違う飲み物にすることにより、多汗症予防に大きく効果があります。

ストレスを溜めないようにすることです。気にしないというもの一つの方法です。メンタル的な部分も大きいですので、食事を摂っても汗をかかないと言う精神面での、自信をつけることによるケアも必要です。

汗はこまめに拭き、必要であれば着替えをする。吸水性の良いハンカチやタオルを持ち歩いてこまめに拭くことです。ハンカチやタオルに好きな香りを軽く含ませておくと、汗を拭く時に嫌な臭いも消し、それを嗅ぐことで気持ちを落ち着ける効果もあります。
インナーをクール素材に変えるだけで体感温度は変わってきますので、通気性の良いものをそろえることです。

汗が大量に出る原因として何らかの病気が関係している場合もあります。局所性多汗症の場合は病院での治療が可能なので一度相談すべきです。毎食、汗をかくというのは神経障害が起きている可能性があります。