2015年流行語★オワハラ★実に経験者は20.6% 大学生就活 対策



『現代用語の基礎知識』選で
2015年ユーキャン新語・流行語大賞の候補語50語が発表されました。
新語・流行語大賞トップの候補語に「オワハラ」など50語が挙げられています。

オワハラとは、
「内々定出す代わりに就活やめるように強要」することです。
今年の大学生の就職活動で、企業が内定を盾に就活を終わらせるよう圧力をかける「就活終われハラスメント(オワハラ)」を受けたとする学生が20.6%だそうです。
別の調査では、13.5%だったそうです。今年は中小企業の後に大手の面接が始まったことがオワハラの背景にあるようです。
2017年度よりスケジュールが変更になるのでまた別の問題が出る可能性があります。

参考サイト↓   ↓    ↓
2017年就活 6月解禁決定!!面接前倒し★準備 スケジュール 人気企業動向!!

受けた時期は、大手の面接が始まった8月の前半が32.4%で最多です。採用活動が長期化したことや、中小企業の後に大手が面接することになったのが影響しています。一方で「オワハラの問題が盛んに報道されて、オワハラと受け止める学生が多かった可能性があります。強要と言えるような行為は、それほどなかったのではないかと思われます。


つぶやき ブログランキングへ