フォルクスワーゲン(VW)ポルシェにも!? 新型トゥーラン発売だがどうなる倒産の危機!?



ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が、排気量の大きいディーゼル車にも排ガス不正につながるソフトウエアを搭載していたことを認めたと明らかにした。対象は傘下の高級車ブランド「ポルシェ」「アウディ」など約8万5000台です。
cayman_0912_001.jpg&h=440&w=660&zc=1
*http://www.autocar.jp/firstdrives/2014/09/15/90344…より引用

VWは排気量3000ccのディーゼル車への不正な排ガス制御ソフトの搭載を認めています。
2009~16年型の8車種で、うち7車種が「ポルシェ・カイエン」など高級車という。VWは販売停止の措置を取ったが、不正は否定していた。

ちなみに
フォルクスワーゲンが倒産という言葉も脳裏をかすめますがもしそうなればドイツ経済、欧州経済はどうでしょうか?
VWはドイツの会社ですが、工場は世界中に約100ヶ所、ドイツだけではありません。
雇用数は世界で約60万人、日本的な系列部品会社はありませんが、VWに部品を納めている会社は欧州を中心に数万社。自動車部品・機械・鉄鋼・非鉄・電機・化学など、裾野が大変広い自動車という業種の最大メーカ―、納入業者を含めれば、仮に倒産などすればその影響は甚大です。
メルケル
*http://jp.reuters.com/article/2014/10/08/germany-e…より引用

難民が大挙してドイツを目指し、欧州に流入し続ける現状で、VWが倒産し、他の多くの会社も連鎖倒産し、何10万人の雇用が失われ、政府への税金収入が消える、などという状況は、現実的ではないし、どんなことがあっても、ドイツ政府、EU全体が阻止しようとする可能性が大です。

「新型トゥーラン 2016」デザイン画像集


つぶやき ブログランキングへ