できるビジネスマンがやっている仕事の効率を上げる方法! 事務処理・ 時間・順位



毎日仕事大変ですね!そこで、時間帯に合わせて仕事を選ぶことで効率化でき、体力も温存できます。
日々の業務の中でも、時間帯を選んで作業することを考えたいです。
Womaninsight_17861_1
*http://terakoya-ban.com/column/top-notch-business-…より引用
体内時計のリズムにあわせて、
午前中にこの作業を終わらせるや夜中にこの仕事はやらないなどを自分の中で決めておくことで、明確な作業時間の割り当てもできて、作業の効率化ができます。
日々の時間には仕事の時間や睡眠時間などがあります。同じ時間だったとしても中身が濃いと能率が上がったり、より良い効果・パフォーマンスができます。
実は、いいアイデアは寝起きに浮かぶようです。確かにスッキリした頭が一番いいということかな?
本当に寝起きというのは普段思いつかない事もひらめいたりするものです。
朝に仕事するのは非常に効率がいいんです。特にクリエイティブな仕事はいいですし、捗ります。

脳科学的には覚醒時に取り込んだ様々な知識を、睡眠時に整理し論理化するため、寝る以前にはどうしても解けなかった問題が睡眠のあとに突然できるようになることもあります。

誰しも
睡眠時間中に脳の中が整理されるので寝起きにアイデアをひらめくという事はよくあります。
朝目覚めたときは、記憶の整理が終わって、いわば「すっきり」した状態になっています。
この時間は企画書、提案書、文書など、「頭を使うクリエイティブワーク」に最も適しているようです。
実は、
頭を使う仕事をしている人のパフォーマンスを最高に引き出す時間帯は、朝でなく夕方のようです。正午から夕方までの6時間働くほうがより生産性の高い仕事です。朝の時間帯は決断力に欠けるということも判明しているようです。

そこで、夜はクリエイティブな活動に不向きのようです。脳の中にさまざまな情報が蓄積されている状態では、純粋な思考が阻まれてしいます。寝る直前の時間は大脳全体で機能が低下しますので、あまり知的な作業には向きません。ところが、この時間帯は、物事を暗記するには最適です。実は、睡眠の効用として記憶を定着させ、情報を整理する、というものがあるようです。
寝てしまった方が、記憶したいこと以外の余計な情報を入れないようシャットアウトでき、記憶定着の混乱を回避できるようです。
W5QVdapN
*http://amacon.jp/blog/amazon-tool/asin%E3%82%B3%E3…より引用
眠る直前に覚えたことは忘れにくいようです。夜に勉強し、熟睡してから朝テストをした場合と、朝勉強をし、そのまま起きていて夜テストを受けた場合とでは、夜に勉強をした方が点数が高いようです。

つぶやき ブログランキングへ