食べてないのに太ってしまう!実は、歩きながら食べてませんか?

Pocket



歩行しながら食べる人は食べ物の食べる量が多いようです。歩きながら食べると、後の食べ過ぎにつながります。女性に見られる傾向ですが、お菓子や菓子パンなどを食べる人が多いようです。
食べた実感が無いようで動きながら食べた人は、食べている物を十分に認識していないようです。

歩き食べをする人は、食べたにもかかわらず「食べた」と認識ようです。
歩行は集中力を分散させ、食べ物の消化と空腹感を消すことに影響します。歩くことでカロリーを消費しているから大丈夫、という勘違いします。
運動していることで「カロリーを消費しているから、少し多く食べても大丈夫」という心理もおきるようです。歩行は運動であり、体力の消耗を食べ物でエネルギーを補充する可能性もあります。

ながら、食事は太りやすい傾向です。

対策方法としては、
物を食べる際、集中する必要です。もっとも簡単で有効な方法は「よく噛む」ことです。ゆっくり食事をすることです。

歩きながらが食べ過ぎリスクを増大させます。 意識的に食べ物を気に留めて食事をすることです。
噛む回数を増やすことで、食事量を約15%減らすことができます。コンビニなどのレジの横には食欲をそそる、から揚げやチキンなどのファストフードがずらりあるたまりません。ついつい、その魅力に引き寄せられて買ってしまいます。
夏などの暑い季節の定番スイーツ・アイスバーも食べ歩きスイーツのひとつです。口の中に甘さと冷たさが広がり幸せな気分になれるアイスクリームです。